the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

エクスペンダブルス2

「筋肉!肉体と肉体のぶつかり合い!としてとりあえず爆発!」というものを楽しむ映画かな!

まあ、映画の観たかは人それぞれだと思うんだけど、要するに、この映画はアメリカンヒーロー映画なのですよ。

正義の味方が居て、悪者が居て、正義の味方が悪者をぶったおす。

武器は銃と筋肉!

単純に、そこに“カッコよさ”と“爽快感”が生れ、それが楽しさに繋がるのではないかなと。

ただ、今回は前作よりも、もっとおもしろかった!

スタローン、シュワちゃん、ブルース、からの~チャック・ノリス!が特に渋くて良かった!あの髭良いな笑

80~90年代アクション映画のスターが集結するのはもちろん、そうなると敵役もすごい役者じゃなきゃ味が薄れるってんで、ついにジャン・クロードバンダムが登場!

ジャン・クロードバンダムの悪役って実は意外とレアなんじゃないかな?


回し蹴りは今でも健在で、タイムコップを思い出して懐かしくなった笑

やっぱかっけえな!


冒頭で、「筋肉映画」とは言ったものの、今作では出演者の心情を表現するようなストーリーになっていたかな。

極悪を登場させ、仲間の死→かたき討ちという大義名分を題材に、観客を感情移入させていくのは王道な展開だと思うんだけど、これがとても上手く表現されていて良かったな!

単純に「悪ものを倒す強い正義のヒーロー!」を映すのではなくて、「男はこういう風に強くあるべき!」という感じ。

「守るべき物・者の為に死力を尽くす」という、僕がロッキー師匠から習ったスタローンの「男の生きざま」がちょっと見えたような気がした!