the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

キンドル


僕はこう見えて(どう見えて?)意外と読書が好きです。

そして、「紙をめくる作業」も一つの楽しみと思っているので、本は紙媒体が好きなのだけども、先日のKindle発売後に色々「電子書籍」についてみてみたわけですよ。

そしたら、無料書籍があったり(お試し版?)、通常の書籍も見てみたけど値段も少し割引されていたり、紙媒体と違って場所を取らないってのはやっぱすごく大きいかと。。。

いよいよ電子書籍の時代が本格化してきたと感じ、僕がもし使うならどの電子書籍かと悩んでみて、とりあえずKindleiPhone版アプリで無料)をダウンロード。

無料の書籍(夏目漱石やらなにやら)を幾つかダウンロードして読んでみます!

ついでに、Kindleだけではなく、「ブラックジャックによろしく」が全巻無料配信されたそうなので、そのアプリもダウンロード。

ちょっと驚いたのが、「紙をめくる楽しさ」に共感するひとが多い様で、Kindleや「ブラックジャックによろしく」のアプリでは、指の動きに合せたページをめくるアニメーション機能があるのですなあ。


だけど、良く問題になって?いるように、この影響で本屋さんがつぶれてしまわないかとも思う。

まあ実際には全ての書籍が電子書籍で取り扱われる事はないんだろうけど、本屋が好きな僕としては、実際に手にとってその中身を軽く見て、買うという行為にも一つの楽しみがあると思っているので、もしそうなってしまったらちょっと悲しいねぇい。