the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

サイレントヒル リベレーション 3D

赤く錆び付いた鉄と、耳をつんざく機械的な音。

降り注ぐ灰と、漂う霧。

迫り来る闇と、忍び寄る異形の何か。

後悔の念と憎悪が形になり、投影される。

その街の名は…サイレントヒル

そんなおぞましくも、何処か美しい同名のゲームを題材にした映画。

それがサイレントヒル リベレーション。

ゲームの雰囲気と、独自の解釈を持ってリベレーション(解明)された本作は、前作とは直接の繋がりは無い(?)ものの、サイレントヒルの雰囲気抜群の映画だった。

---

魔女として火炙りの系に処されたアレッサは、なんとか命を繋ぎとめるものの、街の人間と母親に裏切られた怨念から闇を呼び起こし、サイレントヒルを破滅させてしまう。

しかし、アレッサに残っていた少しの温かい心は、ヘザーとしてこの世に生を受ける。

アレッサの呪いで街を出る事が出来なくなってしまった"教団"は、ヘザーを利用してアレッサを封印すべく、ヘザーの育ての親を拉致し、街にヘザーをおびき寄せる事に成功するのだが…。

---

何といっても異形のクリーチャーがおぞましい。

レッドピラミッドシング(三角頭)はもちろん、これまでのシリーズには登場しなかったクリーチャーも見ものだ。

そしてラストでは、驚きの展開で締めくくる事になる…。

---

と、ちょっと真面目に書いてみたものの、前作の映画の方がどちらかというともっとゲームの雰囲気に忠実で面白かったかなあ~。

でもでも、それでもやっぱりこのおぞましい世界観に浸れて楽しかった。

次の映画が出るとしたら、ナンバリング通りだと「ザ・ルーム」になるんだろうか。

次回もまた観たいな!