読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

システムエンジニアって?

最近ブログさぼり気味なんだけど、久しぶりに雑感なんかを。

僕ももちろんそうなんですがね、エンジニアって自分の出来る事を過小評価してしまう傾向にあるよね。

例えば、一番多いと思うのが工数を無駄に取ってしまう事。


どうだろうか。身に覚えが無いだろうか。


これの根拠が、新しい仕事が来ると、まず思うのが「技術的に可能かどうか?」。

そして、「それを自分が実装できるのか?」という事かね。

ここからは「プログラマ ニアイコール システムエンジニア」というスタンスで細かい事を気にせず書いて行くけど。

システムエンジニアってのはある特定の言語でずっとプログラミングをしている訳では無くて、プログラムを書いたり資料を作ったり、それこそお客さんから要件を聴いて仕様にしたりと、やる事は多いんだよね。

プログラム言語も一つの物ではなく、勉強した事の無い言語だって必要になれば学習しながら使ったりもする。

つまり、新しい仕事(現場が変わったり)が来るたびに、その内容に寄ってはベテランであったり新人であったりする訳なんですよ。まあこれはもちろん極論だろうけど。

先の「新人であったりする」時に、「自分に出来るのか?」って事を考えてしまうんだよね。

そんなものは人によって違うだろうから、答えが出ないと思ってるので実は今日書きたかった事ではないんだけどね。

---

今、僕の会社では「社員同士が交流出来る場」を作れる人が熱いんですよ。

なぜそんな事をするのかというのは割愛するんだけど、こう言う事が出来る人は本当に少ないんだよね。

でも、実際に話を聴いた感じ、実は単純に「やらないだけ」で、出来そうな人が多いみたいなんだよね。

現場の仕事が忙しいってのや、家庭が大事ってのは有るんだけど、上で書いた様に「自分の出来る事を過小評価しすぎ」で、「だからやらない」んじゃないかって思った訳ですよ。

何事もやってやれない事って無いと思うんだよね。

結局上手く纏まっては居ないんだけど、意識の高い人だったら読み取れると思う?笑

そして、アルバイト感覚で言われた事だけをハイハイ仕事してる人には絶対に分からんだろうな。

ってことで、そろそろ麻雀大会を企画せねば笑

社員も増えたし、麻雀出来る人も増えたかな?