the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

函館旅行 第3章 〜3日目〜

3日目。


函館に来たら、これも必ず寄らなければいけない「朝市」。


朝ご飯は、朝市のどんぶり横町にて、うに・かに・いくら丼を食す。

さすがに体重は2kgほど増加。


イカも元気に泳ぐ。


そして朝市と言えばかにまん。

これはカネニのかにまん。


見た目は普通の肉まんだが、中身はひと味もふた味もちがう。

なんと、カニの実がぎっしりつまっているのだ。


omiendさん。狙いを定めて...


パクリ。

とても美味しかった。


ここからレンタカーを借りる。

いつもお世話になっているニッポンレンタカー


トンネルを抜けた先には。


大自然が広がっていた。


たどり着いた場所は、ラッキーピエロ峠下総本店


いきなり出迎えてくれた怪しいガラナ

買えばよかった。


ハンバーガー屋さんにも関わらず、池も有れば、カルガモも居る。


かるがもも居れば、メリーゴーランドもある。

北海道では普通の事。

さすがでっかいどう。





ヤギなんてあたりまえ。


店内。


キリンなんて当たり前。


大きな男には丁度良い、王様用の椅子。


店内にもメリーなゴーラウンドが。


これが定番のチャイニーズバーガー。

元々中華料理屋さんだとかで。

とても美味しかった。


さらに車を北に走らせてたどり着いた場所。そこが大沼国定公園

ここは、新日本三景にも選ばれて居る場所。

新日本三景には、僕の故郷である三保の松原も一つに選ばれており、これで二つの新日本三景を制覇したことになる。


燃える様な激しい紅葉。


この日はあいにくの雨であったが、浮き島散策をしてみる事に。歩いているだけでも楽しい。

しかし足下は意外にもぬかるみは少ない。


この様な沼が広がり、美しい紅葉との景色は格別のもの。


iPhoneのパノラマ撮影機能で撮ったもの。

このブログでパノラマは初めて。


コケも奇麗。


紅葉+浮き島。

うすピンクの葉っぱ。


THE 岩。

浮き島。


こちらも浮き島。


緑・黄色・赤・茶色。


心無しか寂しげな、不思議な雰囲気の道。

これも一つの侘び寂びですかな。


だそうです。


星形のコケ。


そして函館市街へと戻り、やって来た場所は、老舗旅館啄木邸

ここで日帰り温泉を堪能。

露天風呂にはサラリーマングループと思われる仲間内が入っており、ワイワイ楽しそうにお話をされていたのだが、眼鏡を取り、洗髪後のオールバック髭面omiendさんも乱入すると、とたんにシーンと黙ってしまった。

なんか怖い人と勘違いされた様で。


参考写真がこちら。

まあ、僕だったらこんな人とすれ違うのも嫌だわな。


そんなことはお構いなしの、暑がりomiendさん。


夜は京 懐石のお店。へ。

とってもいいお店。


ジェラート


ゆばさし。

お吸い物。


お芋のなんとか。


メインディッシュのカニ。ソースはアメリカンソース。


カニを食べてご満悦の、ロック育ちのomiendさん。


締めのご飯とアオサのみそ汁。

ご飯の上に乗っているのはちりめんざんしょ。


デザート。

左はサービスのカボチャのジェラート

このお店はお姉さんの旦那さん行きつけ+おすすめのお店で、どうやら僕たちの為にお店に色々口を聞いていただいたそうで。

広い部屋に僕たち二人だけで、奇麗な夜景を観ながら静かな部屋で美味しい京 懐石を堪能できた。

※本当にありがとうございました。


ホテルに戻り、シェリーズバーへ。

僕が頼んだのは左のノエルモヒート。右は嫁ちゃんのオレンジとヨーグルトのカクテル。

酒が弱い嫁ちゃんは、このうすーく作ってもらったカクテル2口で酔っぱらい。


こうして、3日目の夜はふけて行ったのだった。