読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

新しい事を生みだすためには、間違えても良いんじゃないかと



新しい事を生みだすために行動をしようとしたとき、「間違えているかもしれない」と思って何も出来ない時ってあるよね。

でも、だからと言って何も行動しない事こそが「間違え」でっていう、今日はそういったよくありがちな話なんだけど、書きたいのはちょっと違うと思う。よく言われる「失敗を恐れるな」ってことじゃなくて、「行動して間違いに気づいて、さらに正しい方向に持っていく事で新しい事が生まれる」ということ。



「行動→正しい事」の場合、これはまあそのままで良い。

「行動→間違いに気づく」の場合、「間違いに気づく=正しい方向ではないと認識する」ってことで、これ自体は良い事だから、別に間違っても良いんだ。

だから、行動してみようぜって話。まあ、計画は大事だけど笑



あと、この時、「行動してから間違いに気づくまでのスパンが長い」のは、ゴール(新しい事を生みだす)に対しては一歩も進んでないどころか、正しくない方向に進んでいたり、戻っていたり、つまり致命的だから、その後のかじ取りフォローはちゃんとしないといけないけどね。