読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

死神の精度

book
お久しぶりの読書感想文ですね。

伊坂幸太郎も久しぶりだなあ。

伊坂幸太郎、結構好きなんだよね〜。

やっぱ鴨とアヒルのコインロッカーが一番好きかな。

今回は同じ主人公の短編みたいな感じ。

主人公は題名の通り死神。

人に素手で触れると、相手は気絶する。

何時間でも立っていられる。

どれだけ殴られても痛く無い。

食べなくても良い。

寝なくてもいい。

しかし、CDショップに何時間でも入り浸れる程、音楽が好き。

そして、仕事は「人間の寿命を判断して、上層部に報告する」というもの。

基本的に「可」、つまり、その人間は死ぬべきだと判断され、報告される。

人間の死なんて全く興味ないけれども、それも仕事だからしょうがない。

って感じの設定どすえ。

正直、「読んでてあんまり面白く無かったなあ。なんだかなあ。」と思ったけど。

いやはや最後にやられたねえ。

人の一生というのが感じられた一冊でした(^ω^)