the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

茶碗術


こう見えて結構お茶碗洗います。

洗った食器を水切り箱に効率良く配置していくためには、多くの事に気を付けなければなりません。

まず、小物から。

小物を洗ったら一旦すすぎ洗いをして、水切り箱の下層の細かい空間を埋めるように配置します。

次に、少し大きめのお皿を洗います。

しかし、お皿の形状により、小物よりも先に洗うというテクニックも大事です。

水切り箱への配置は、端っこがGood!

お茶碗等の小物との共存を目指しましょう。

そして最後に、ボウルやアミ、お鍋といった大物の登場です。

大物はいつも後から登場するものです。

洗い終わったら、小物どもを覆いかぶさるように、しかし風が通り抜けるような配置を心がける必要があります。

他に気を付ける事。

水切り箱はその名の通り、水切りをする為の者ですが、彼とて万能ではありません。

水ですすぎ洗いをした後は、なるべくその場で水を切ってから、水切り箱へ配置して行きましょう。

ご意見ご感想はこちらまで↓(なんつって


オーバー