読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

プログラマ冥利に尽きる、本当に些細なこと

blog program

僕が携わったプロダクトが初めてメディアに取り上げられたのは、確か新卒2年目に携わった某メガバンクの合併に伴う顧客情報統合プロジェクトについてでして、その時は日経コンピューター(紙媒体)さんに、本当に本当にごくごくわずかな1文程度のものだったんです。

それでも、なんの学も無く、まだまだ駆け出しだった僕はその1文がとてもとても嬉しくて、日経コンピューターなんて買ったことが無いのに、そのたった1文の為にその日経コンピューターを取り寄せて購入し、母親に見せては「コレコレ!俺が携わってるんだよ!」と自慢したものです。


これは個人的なブログなので詳しい内容は控えさせていただくのですが、本日、現在携わっているプロダクトの正式リリースをさせていただきました。

そして、そのリリースに先立ちまして記者会見を開くことになり、さらにはその場に同席させていただくという、大変貴重な経験をさせていただきました。

件のプロダクトについて質問をする沢山のメディアの方々と、それを受け、応える役員の方々を見て、作ったプロダクトに興味を持ってもらい、質問してもらい、さらには世に紹介して頂ける事がとても嬉しく感じました。


日経コンピュータに携わったプロダクトが初めて取り上げられてから約8年。

それから何度かそういった経験はあったものの、今日ほど自分が携わるプロダクトをこうやって世に紹介して頂ける事を嬉しく感じる日はありませんでした。