the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

XAMPPのvhosts設定方法

自分のメモ以外の何モノでもないです。

今お手伝いしているサイトの更新作業。(よく言うと)オーソドックスなスタイルで更新しており、HTMLファイルを設定するんですな。

PHPでできているので、ローカルでの更新内容確認はXAMPPを利用している。

XAMPPをインスコすると、 /Applications/XAMPP/hogehoge みたいなディレクトリができて、ここにあぱちぇとかが配置される(Macの話な)。

しかし、サイトのソース自体は別ディレクトリにおいてVCSしたい(だって /Users 配下じゃない所になんか置きたくないじゃないか)。

そんな時、vhostsというのを利用すればすべてキレイさっぱり解決するのだ。

そんなわけで、古いMacで元気にサイトを動かしていたのだけど、最近新しいMacを手に入れたので、そちらで作業したいなと思い、改めてXAMPPの環境構築をしたときに、何故か妙にハマってしまったので、メモがてら整理しておきたく。

とはいえ、実は設定は超カンタン。

httpd-vhosts.conf を編集

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-vhosts.conf

に、下記を追記

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/Users/your-name/root-directory"
    ServerName www.root-directory.jp
</VirtualHost>

<Directory "/Users/your-name/root-directory">
    AllowOverride All
    Require all granted
</Directory>

httpd.conf を編集

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.conf の下記記述のコメントアウトを解除

# Virtual hosts
Include etc/extra/httpd-vhosts.conf

後は、root-directory周りの権限を追加して完了。

権限はとりあえず755つけちゃってる。

ここらへん、root-directoryのもっと上のディレクトリの権限も見直してあげないと、ずっと権限エラー出っぱなし。

これで何故かハマってた笑