the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

粘膜人間

粘膜人間 (角川ホラー文庫)

会社のパイセンと小説の話をしていて、京極夏彦をお勧めしたら代わりにお勧めしてくれた作品。

 

まあとにかくドギツイホラーで、描写(文字だけど)がグロい。

 

河童が出てきたりとファンタジックな要素もありつつ、なかなか楽しめた。

 

しかし、グロい文書は最早読まなくてもいいんじゃないかと少し飛ばした笑

 

次作も借りてるので楽しみ。