アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2 (字幕版)

やっぱりアベンジャーズに合流したスパイダーマンシリーズとして、トム・ホランドスパイダーマンには思い入れがあるし、サム・ライミ監督が好きなのでトビー・マグワイアスパイダーマンも好きなんだよね。

なので、そこまであまり期待はしていなかったのだけど、思えばアンドリュー・ガーフィールドは BOY A からファンだし、エマ・ストーン(グウェン・ステイシー)はスパイダーマン映画の中で一番綺麗なヒロインだと思うから、めっっっっっっっっっっちゃ楽しかった!

ちょっと期待したのだけど、スパイダー・グウェンは出なかったんだね。

そして続編が期待されるような終わり方だったのだけど、大人の事情で制作されないのがやっぱり寂しいね。

オクトパスとかヴァルチャーとかの装備だけは出てきていたし(まあ、サム・ライミ版やジョン・ワッツ版には出てたけど)。

それから、そんなグウェンのスピーチがまじで泣けた。響いた。

こんな明るい日は
希望を感じます

しかし 暗い日も
あるでしょう

とても寂しい日も

そんな日こそ
希望が必要です

どんなに辛くても
どんなに悲しくてもー
絶対に希望を捨てないと
約束してください

明るくー
苦しみを乗り越え

あなた方自身が
希望になってほしい

それが大切です

たとえ及ばすとも
それが最高の人生です

周りには 私たちを
育ててくれた人たちがいます

今日でお別れですがー

ここで学んだことは
すべて明日に生かされます

自分が何者なのか
何をすべきか・・・

共に4年間を過ごした
皆を忘れません