the industrial

都内で働くITエンジニアの日記

リンカーン


by the people! of the people! for the people!

でおなじみの、エイブラハムリンカーンが、実はバンパイアハンターだった!?

というユニークな設定の映画。

監督はウォンテッドのティムール・ベクマンベトフというロシア人らしいねえ。

斧を振り回すアクションがとにかくカッコいい。

あっさりしたストーリーなのかと思ったんだけど、意外と色々考えさせられる内容かもね。

特に、最後の演説シーン。よかったわ〜。

敵はバンパイアで、先に書いた「人民の〜」の言葉が...つまりそういうことさっ。

エンドロールではこれまたリンキンのPowerlessが流れるんだけど、これの為に前からこの映画楽しみだったんだよねー。

そういう楽しみを消化してしまうと、またなんともね。