ドリーム

ドリーム (字幕版)

1961年のアメリカ南東部バージニア州ハンプトン。アメリカ南部において、依然として白人と有色人種の分離政策が行われていた時代。優秀な黒人女性のキャサリンは、同僚のドロシーとメアリーと共にNASAのラングレー研究所で計算手として働いていた。 ソ連人工衛星スプートニクの打ち上げ成功を受けて、アメリカ国内では有人宇宙船計画へのプレッシャーが強まっていた。そんな中、キャサリンは上司のミッチェルからスペース・タスク・グループ(英語版)(STG)での作業を命じられた。図らずも、キャサリンはグループ初の黒人でしかも女性スタッフとなったのだが、人種差別的な環境に苦しめられることとなった。

ドリーム (2016年の映画) - Wikipedia

素直に面白かった。

時代背景もあり、衣装もオシャレ。オシャレだけじゃなくて、人種差別ってこんなにひどかったんだと。

実話を元にしてはいるものの、結構脚色されているらしい。しかし、主人公の「キャサリン・ゴーブル・ジョンソン」なんかは「よく出来た映画でした」とおっしゃっているほど。