妹を亡くして17年経った

妹が亡くなって17年。当時19歳だった俺が36歳になってしまっても、やっぱり命日は気が落ち込む。

昨日3月10日は妹の命日だったのだけど、娘と公園で遊んだり、おもちゃを買わされたりと、何事も無く過ごせるなんでもない日がこの上ない幸せだと感じた。

先日G-FREAK-FACTORYのライブで茂木さんが言っていた「ライブに遊びに来れた日というのは、家族仲間が無事に過ごせている日で、当たり前の日なんかじゃない」という言葉がとても痛み入る。

しかし今は家族に恵まれ、仕事と仲間にも恵まれ、父親はこの前亡くなってしまったけどまだ母親はそれなりに元気で、しかしそんな日々はいつまでも続かなくて、しかしそう思って日々しっかりと生きれることがとてもありがたい。