必死剣 鳥刺し

必死剣 鳥刺し

トヨエツカッケェー。

最後の最後まで淡々と話が進むし、結局何のお話なのかわからないから若干退屈なのだけど、ラストに全てが凝縮されている映画だった。

最近時代劇にどハマりしていて、観たなかではスケールが小さい話なので、多分自分はもっと昔の日本を感じられる映画が観たいんだと思う。

建物とか、当時の農民・商人・侍達がどういう風に暮らしていたのかとか。

コレの映画はちょっとヒーローモノみたいな感じだったかな。

んでも、そのラストシーンが良かった。

誰もみたことのない「鳥刺し」という剣技。

又の名を「必死剣」と言い、何故その名が付いているのかとか。